お役立ち情報

成人年齢の引き下げ 相続や贈与に及ぼす影響

明治9年の太政官布告から今日まで約140年間、日本での成年年齢は20歳と民法で定められていました。この民法が改正され、2022年4月1日から、成年年齢が20歳から18歳に引き下げられました。 2022年4月1日以降、18 …

続きを読む

<遺留分を巡り不動産評価でもめ事に:相続準備の大切さ>

親と同居の長男のため、親が実家を長男に相続させる遺言書を作成し、相続の後に弟や妹が遺留分を要求する事例は避けることができないとも言えます。 できれば「実家を長男が相続し、遺留分相当額のお金を弟や妹に相続させる」遺言書が望 …

続きを読む

<相続登記をしていなくても、固定資産税の請求書が届く事例が多発>

2020年4月以降、相続登記をしていなくても「現に所有している者」に対して市区町村役場が申告を要求のうえ、納付させる制度が条例で可能となりました。また、「現に所有している者」が戸籍調査などで判明しない場合(例:登記名義人 …

続きを読む

<共有名義の不動産はトラブルになりがち:共有解消のおすすめ>

共有名義やそれに近い形態の不動産のトラブルは珍しくありません。 親が良かれと思い、遺言や生前贈与で不動産を子供たちの共有にしたり、一体の土地を分筆してそれぞれの土地を子供たちに割り当てたりすることは見受けられますが、後々 …

続きを読む

<相続登記が困難な事例:相続の名義変更はお早めに>

今までは土地の名義変更は必ずしも義務ではありませんでした。しかし、名義変更されていない土地は社会問題化しつつあり、2021年4月に「相続登記義務化」が法改正されるに至りました。 [代々の家系に多い]土地の名義変更されてい …

続きを読む

<相続登記に注意:遺産分割後に相続登記をしないと、転得者に権利を主張されてしまうケースも>

2019年7月1日から施行された改正相続法により、遺言や遺産分割協議などで、法定相続分より多い割合の遺産を取得した場合、その遺産ごとに相続登記の手続きが必要となりました。 例えば、遺産分割協議で不動産を100%取得した相 …

続きを読む

<相続放棄したくても放棄できない空き家のお話し>

 私たちしあわせ遺産相続の専門家では、遠方の実家(空き家)や親が以前に購入した別荘地など地方の価値のない不動産の相続相談を多く頂戴しております。  ご相談様はこれらの不動産を相続したくないのですが、他の財産を相続して、不 …

続きを読む

<配偶者居住権に潜むリスク:相続準備は慎重に>

これまでは、相続人が配偶者と子で、家が遺産の大部分を占める事例では、子の法定相続割合(50%)を家以外の財産では確保できないため、配偶者が家の所有権を単独所有できず子との共有にせざるを得ないケースや、家を売却してそのお金 …

続きを読む

<私たちにできるウクライナ支援。法に基づかない暴力・しあわせを奪う侵略戦争に反対します>

法に基づかない暴力・しあわせを奪う侵略戦争に反対し、些少ですがウクライナ支援金の振込をいたしました。 日本では当然に享受している自由と権利を、理不尽に否定するロシア軍の侵略行為に反対を表明する意味を込めて振込をいたしまし …

続きを読む

成年後見制度を利用している方の職業選択

これまで、成年後見制度や成年保佐制度を利用する場合、「欠格条項」に該当することにより、主に医師、弁護士、司法書士、行政書士、公認会計士、税理士などの資格、公務員、医療法人やNPO法人などの役員などの一定の資格や職業を失っ …

続きを読む