お役立ち情報

法定後見制度と任意後見制度

認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、不動産や預貯金などの財産を管理したり、身のまわりの世話のために介護などのサービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたりする必要があって …

続きを読む

補助・保佐・後見制度の概要・制度の違い

成年(任意)後見制度には、本人の判断能力の程度に応じて、「後見」「保佐」「補助」の3つの制度が用意されています。「後見」「保佐」「補助」の主な違いは次の表のとおりです。   後見         補佐 補助 対 …

続きを読む

代理権について

代理とは、本人に代わって本人以外の者(代理人)が意思表示を行うことによって契約の締結等を行うことです。代理人が行ったことは本人に帰属するため、代理人が行った行為は本人が行ったものであるとみなされます。 そしてこの代理が有 …

続きを読む

相続登記の義務化

所有者不明の土地の問題を解決するため、2021(令和3)年4月の国会で民法及び不動産登記法が改正されました。土地の相続や所有者の住所変更をした際の登記申請を義務化し、違反した場合は過料が科されます。また、管理が難しくなっ …

続きを読む

ペットのための信託契約

「信託」とは、「信じて、託す」と書くように、「自分の大切な財産を、信頼できる人に託し、自分が決めた目的に沿って大切な人や自分のために運用・管理してもらう」制度です。 最近では認知症対策や争族対策での家族信託など、様々な信 …

続きを読む

ペットに関する法律

コロナ禍において、自宅で過ごす時間が増えたことにともない、ペット需要が高まっています。「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護管理法)「狂犬病予防法」「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」(いわゆるペットフー …

続きを読む

押印について2

今般、テレワークの推進の障害となっていると指摘されている、民間における押印慣行について、その見直しに向けた自律的な取組が進むよう押印についてのQ&Aが作成されました。問1から問3については別の記事にてご紹介しております。 …

続きを読む

押印について1

内閣府・法務省・経済産業省が連名で「押印についてのQ&A」が公開されておりますが、一部を抜粋して内容を紹介します。 問1.契約書に押印をしなくても、法律違反にならないか。 ・ 私法上、契約は当事者の意思の合致に …

続きを読む

遺言執行者とは

遺言執行者(いごんしっこうしゃ)とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う人です。遺言執行者は相続人の代表として遺言の内容を実現するため、登記や金融機関の手続きなど、さまざまな手続きを行う権限を有して …

続きを読む

尊厳死宣言書について

みなさんは「尊厳死宣言書」というものがあることをご存知でしょうか? 遺言書、死後事務委任契約書と並んで、人生の最期に自分の意思を伝える大切な手段として注目されています。 尊厳死とは 「人間が人間としての尊厳を保って死に臨 …

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10